有機野菜の説明と効果

最近では有機野菜という言葉をよく聞きますが、有機野菜とはどのような野菜かを理解している人は少ないかもしれません。有機野菜という言葉のイメージとしては体にいい、安全などがあると思います。

有機野菜とは、農薬、化学肥料、土壌改良剤を3年間使用せず、堆肥で土作りされたところで有機肥料を使って作られた野菜のことをいいます。このように農薬に頼らないで作っているので、農薬が及ぼすさまざまな効果を防ぐことができます。

また、消費者だけではなく土地にもやさしいです。農薬を使用してしまうと雑草だけではなく周辺の生き物も一緒に死んでしまいます。そうなると生態系にもいろいろな変化をもたらしてしまいます。有機野菜を作ることで周辺の環境も守られています。

有機野菜を買うときの効果はプラセボ効果が大きいです。有機野菜は安全、体にいいというイメージがあるのでそういった心理的な効果のほうがおおきいです。

最近では有機野菜の宅配サービスを行っている会社も多くあり、有機野菜を気軽に購入することができます。有機野菜を取り扱っている農家の数が少ないのでスーパーでは購入できなくても宅配なら簡単に購入することができます。また、産地直送などの場合は価格も安く購入することができます。


有機野菜ビタミンやミネラルが豊富

私が有機野菜を宅配してもらう理由は、ビタミンやミネラルが多いからです。健康になるために、ビタミンミネラルはとてもたいせつです。老廃物を外に出してくれる働きがあるからです。そして活性酸素から体を守ってくれます。

活性酸素は、がんの予防にもなります。そして、ダイエットに効果的な代謝もよくなります。便秘知らずの体になりたいのです。同じ量の野菜を食べても有機野菜のほうが、ビタミン、ミネラルが多いです。もちろん美味しというのもあります。
フルーツのようなトマトにはびっくりしました。小松菜やホウレン草もくせがないので、グリーンスムージーにもぴったりです。

宅配のサービスを利用するようになり、無駄な買い物も減りました。なぜか食費は下がっています。1度外に出たら、コンビニやファーストフード店も利用していたからかもしれません。ときどき交通費をかけて大きなスーパーにも行っていました。もちろん気分転換には外に出るのもいいと思います。

毎日の食事は有機野菜で作るとすごく楽しいです。薄い味付けでも美味しい料理ができます。塩分を控えたい人にぴったりですね。あまり凝った料理を作る必要もないです。そのまま出しても素材の味で美味しいです。

前の記事